フィンランド発のスペシャリティコーヒーサブスク、SLURPが新しくなった!

コーヒー

SLURPはこのブログのコーヒーカテゴリーではメインになるくらいいくつも記事を書いてきました。


実際に利用している自分自身が感じることですが、やはりすごく楽しいサービスだし、ずっとサブスクを利用しているからわかる、新たなおすすめポイントをお伝えします!

うるふ
うるふ

コーヒー好きにはぜひ試してもらいたいサービスです

suesi
suesi

またまた魅力が増えて楽しくなっていますよ!

以下リンクからクーポン使って注文すれば、初回配送が1000円引きになります!
SLURP コーヒーの旅
1000円引きクーポンコード】 REFGBZN8R6KGZ

(※ クーポンはSLURP Premium では利用できません)

スポンサーリンク

SLURPのコーヒーが新しくなった

SLURPコーヒーはこの秋ぐらいから徐々に新しくなったのですが、以前と違うおすすめポイントがあります。

・ドイツのロースタリーが加わった
・サブスクのカスタマイズがより細かく好みを設定できるようになった

というところです。それではそのあたりを書いてみますね。

ドイツの焙煎家が新しく参加

何故?フィンランド発のスタートアップの会社なのに、なぜ新たにドイツのコーヒーを取り扱うことになったのでしょうか?
オフィシャルのメールマガジンにはこういうことが書かれていました。

エスプレッソの本場イタリア、カフェ文化の根付いたフランスはコーヒーとの結びつきが強いというのは簡単に想像できます。しかし実は、ドイツもまた、17世紀から絶え間なくコーヒーが愛されていた国なのです。

特に1800年後半からは、ヨーロッパで最も近代化されて整備されていた港がハンブルグ。中南米やアフリカで生産されたコーヒーは、巨大市場アメリカとヨーロッパに分けられ、ニューヨークとハンブルグ にあった巨大倉庫に収められたそうです。

今でもハンブルク は、ドイツ・コーヒーの中心地。ドイツのコーヒー協会もここを拠点にしていますし、多くのコーヒーショップが存在しています。

SLURPメールマガジンより抜粋

なるほど、ドイツはずっとヨーロッパのコーヒーの一大集積地だったんですね。
確かに焙煎機もプロバットやディートリッヒなど名だたる名機はドイツ製が多いし、マイスターという言葉がよく知られるように職人気質の国民性もあるし、コーヒーロースタリーも素晴らしいところが多いのではないかな〜と思いました。

新しく追加されたドイツのコーヒーロースタリー

職人気質の人が多いドイツ。ロースタリーもきっと凄腕でユニークなコーヒーがたくさんあるんだろうと思います。SLURPで今回加わったドイツのロースタリーは「SLURP Premium」というサービスメニューになっているようです。プロフィール見てるだけでワクワクしてくるそんなドイツのロースタリーの一部を紹介しますね。

Wood Grouse Coffee Roasters/ウッドグラウス・コーヒーロースタリー

ドイツの中心部に位置するハノーヴァーで最初に「サードウェーブコーヒー」のロースタリーを始めたWood Grouse Coffee Roasters。パナマの農園と強いコネクションがあり、高品質なコーヒー豆を仕入れることができます。

JB Kaffee/ヨットベー・カーフィー

JB Kaffeeは2010年にJohannes Bayerによってつくられ、現在はミュンヘンでカフェも経営しています。 お客さまのために出来るだけたくさんコーヒーを焙煎することで、コーヒー生産者たちの助けにもなりたいという情熱あふれる焙煎家。

Populus Coffee/ポプルス・コーヒー

Poplusはベルリンで暮らすフィンランド人夫婦、SariとHenrik によって2015年に創業した家族経営のスペシャルティコーヒー専門のロースタリー。農家や農園にコーヒー豆栽培のすべて任せるのではなく、Poplusが農業に深く関わり協力しあうことで持続可能なコーヒーを生み出しています。

ROESTKAFFEE/ローストカフェ

1つのエリア(産地)から収穫されたシングルオリジンコーヒーのコーヒー豆のみを使用すること、そしてそのコーヒー豆の生産に携わる人の顔が見えることに⁠とくにこだわった情熱溢れる焙煎家です。⁠

Hoppenworth & Ploch/ホッペンワース&プロフ

新しい焙煎所ながら、2018年のワールド・ロースティング・チャンピオンシップで上位入賞したKilian Seger が腕を奮う実力派ロースタリー”Hoppenworth & Ploch”。独自の焙煎スタイルとコーヒーに関する深い知識、そしてお客様がスペシャルティコーヒーをを飲みながらくつろげる空間、この3つがの彼らの美学です。

世界に広がるロースタリーセレクト

SLURPはフィンランドからはじまったサービスですが、その広がりは徐々にドイツからヨーロッパ各地に拡がっています。未確認ですがイギリスや日本のロースタリーとも今後は一緒にやりたいと何かの記事で読んだような気がします。(ここは不確定ですみません。)

SLURPの焙煎家のリストが世界各地に徐々に広がるっていうことを考えると、すごくワクワクしませんか? 近い将来、イギリスやスペインやイタリアのスペシャリティコーヒーを飲んでみたい!僕は素直にそう思います。

サブスクのカスタマイズがより細かくできるようになった

今まではお届け頻度について2週間/月か4週間/月だけだったのが、それに加えてお届けプランといって豆を届ける回数が3回〜14回まで選べる設定が追加されました。
例えばお友達へのプレゼントギフトとして、3回分のコーヒーをお届けする、なんてことも可能です。自分自身にも、ずっと継続ではなくて、まずは半年分だけ頼みたい、みたいな使い方もできますし、より個人個人のお好みにカスタマイズできるようになったのは嬉しいですね。みんなそれぞれ違いますからね。

まとめ

SLURPはとにかくコーヒー好きにはおすすめです。
日本にも素晴らしいコーヒーロースタリーはたくさんあるのですが、世界から(今の所、フィンランドとドイツだけですが)直接自宅まで焙煎豆が投函される気軽さと、サブスクのカスタマイズ性、そして何よりも何よりも、とっても美味しいという当たり前だけど大切なことが相まって、ワクワクできるサービスです。

世界的な企業の口コミサイトTrustPilotでもとっても高評価です。


そしてそして、、
SLURPのコーヒーは、このブログから購入すると、初回1000円オフのクーポンを使えます。
ぜひ試してみてはいかがでしょうか!

以下リンクからクーポン使って注文すれば、初回配送が1000円引きになります!
SLURP コーヒーの旅
1000円引きクーポンコード】 REFGBZN8R6KGZ

(※ クーポンはSLURP Premium では利用できません)

それではみなさんも素晴らしいコーヒーの旅を!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました