100%が寄付になるソーシャルグッドな、マラウイのフェアトレードコーヒー

コーヒー

今日はちょっと変わったコーヒーのご紹介。
購入することで売上の100%が生産国アフリカマラウイへの寄付になるという、WARM HEARTS COFFEEのご紹介になります。

うるふ
うるふ

100%が寄付ってどういうこと?

suesi
suesi

ちょっとびっくりしますよね。その仕組みを解説しますよ

最初にこのコーヒーを知ったのはネットで見つけた小さなバナー広告。
100%寄付、マラウイのコーヒー、この2つのキーワードだけでクリックせざるを得ませんでした。興味津々です。

サイのマークが可愛いWARM HEARTS COFFEEは、実はアフリカ・マラウイの支援をしているNPOせいぼじゃぱんさんが運営しています。
NPOせいぼじゃぱんさんは日本を拠点として給食支援プロジェクトを国際的に実施するNGOです。

学校が給食を提供できれば、最貧国に住む両親は、自分たちの子どもが温かい給食を食べられるように学校へ送り、その結果、授業を受けることができるようになります。給食を通して学校教育を促進することで、次の世代を担う子ども達を育て、国の将来を支えることに繋がります。 学校教育は、世界中すべての子ども達へ平等に与えられるべきものです。学校給食は、そのための大きな第一歩となり、子どもたちの将来を切り開くことに繋がります。

https://www.seibojapan.or.jp/
suesi
suesi

給食を届けることで貧困を改善する支援をしているNGOなんですね。

スポンサーリンク

100%寄付ってどういうことなんだろう?

それは給食支援活動に賛同した複数の企業がWARM HEARTS COFFEE CLUBを支援しているからです。コーヒー豆の仕入れ、焙煎、包装、配送。これらの全てを支援企業が負担しているので、コーヒーの価格100%がそのまま寄付になります。

つまりWARM HEARTS COFFEEのコーヒーを購入することは、購入する同額の寄付をすることになるのです。

一般的なフェアトレード商品の仕組みは、生産者にフェアな対価を支払うために通常流通よりも高めの報酬額が商品価格に反映されています。フェアトレード商品といえども商業流通に乗るものなので、当然生産者以外にも売上をもたらすものでなくてはなりません。

しかし、このWARM HEARTS COFFEEの仕組みだと、マラウイのコーヒー生産者、輸送業者、焙煎業者、梱包や配送にいたるまでの費用の全てが、賛同企業の支援によって成り立っているので、その結果商品価格が0円になり、値付けした金額はそのまま100%が寄付額となるわけです。

これは僕の知る限り、ここまで徹底的なものは知りません。なかなかレアな仕組みだと思います。

マラウイのコーヒーのこと

そういうわけなのですが、そのマラウイというアフリカの小国をご存知ですか?
エチオピアやタンザニアのコーヒーをよく飲む自分ですが、マラウイのコーヒーは飲んだことがありません。ブルンジまでは飲んだことがありますが。


この地図のように、アフリカ南東部に位置する内陸国で、タンザニアの下、モザンビークの上にあります。世界自然遺産にもなっている巨大な湖マラウイ湖があり、色鮮やかな魚からヒヒまで多様な野生生物が生息するマラウイ湖国立公園があります。


マラウイは世界最貧国のひとつである一方で、珍しく対外戦争や内戦を経験しておらず“The Warm Heart of Africa”(アフリカの温かい心)という別称を持つ国です。コーヒーの名前もたぶんここから来てるのだと思われます。

マラウイのコーヒーは今では主要な農産物のひとつで、多くの国々に輸出されています。国全体が高原で、北部に位置するミスク地区が主要な産地のひとつです。標高1000mを超える高原地帯では、昼と夜との寒暖差が大きくコーヒーの生産に向いています。

マラウイのコーヒーは一般的に柑橘系の香りが強く、フルーツ系のさわやかなフレーバーが多いようです。中深煎りあたりまでもっていくと柑橘系にスパイシーな風味が加わり飲みごたえのある深みも作ることができるようです。

さっそく飲んでみます

背景の説明が長くなってしまいましたが、ここから先は、コーヒーそのもののレビューです。
パッケージの中にはコーヒー本体と簡単なパンフレットがついていました。

WARM HEARTS COFFEEが提供するものは、ミスク地区のゲイシャ・カチモールAA
高品質なAAランクのスペシャルティコーヒーです。レギュラーという商品名でしたが、見たところシティとフルシティの間くらいの中煎りくらいです。きれいな艶のあるローストです。

では、いつものようにハリオV60でドリップしていきます。

味の方は、、、

柔らかい〜

尖ったところがなく、優しい味でした。まろやかで甘味もあり、誰にでも飲みやすそうな味でした。
とっても美味しかったです。

WARM HEARTS COFFEEは高品質AAランクの豆。
レギュラー(中煎り)と深煎りの2種類の焙煎です。その他ドリップバッグやギフトセットなどもあります。またサブスクの定期便や自分で焙煎したい人用に生豆の販売もしています。
生豆も焙煎した豆も同じ値段というのが、購入する人にとっては、すこしはてなですが、寄付と考えればまあ仕方ないかな。

まとめ

ということで、珍しい仕組みの珍しいマラウイのコーヒーでした。

とはいえ、純粋にコーヒーとしてとっても美味しいです。コーヒー好きにとって、ゲイシャ種なのに安いというのもなかなか嬉しいポイント。美味しいコーヒーを飲んで、それが100%マラウイの子どもたちの給食支援になるなんて素敵ですよね。なかなか心温まるコーヒー体験だと思います。

気になりましたら、ぜひこの素敵なコーヒー体験を一度試してみてはいかがでしょうか。


最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました