Square(スクエア)のオンライン決済の超まとめ。コロナ禍の今、最もおすすめ

暮らし
うるふ
うるふ

決済系のサービスて少し乱立気味でよくわからない…

コロナ禍で、様々なオンラインサービスが注目されています。
オンラインでの決済サービスはPayPayのような店頭でのスマホ決済から、BASEやSTORESなどのオンラインストアでのカード決済まで、使う場面でそれぞれが特徴が違い、コロナ禍での需要も相まって、各社激しく競争しています。

その中でも、今年の7月から本格的にオンラインビジネスを拡大しているSquare(スクエア)に注目しています!

Square(スクエア)は2009年米国サンフランシスコでtwitterの創業者ジャックドーシーと友人の事務マッケルビーが設立したサービスで、誰もが簡単にクレジットカード決済を受けられることを目的にサービスを展開してきました。


スクエアは、2013年に日本に上陸して三井住友銀行と連携して、本格的に店舗で端末を使ったクレジットカード決済サービスを開始しました。Appleのようなデザイン性の高い端末で、シンプルでスマートな使い心地とともに、カフェや飲食店をはじめ様々なお店で一気に普及していきました。

そんなおしゃれでスマートなスクエアですが、実店舗だけではなく、今年のはじめからオンライン決済の市場に特に積極的に進出してきています。
とてもいいサービスなのですが、少し言葉が似ていてややコンフリクト起こしているので、今回は少し交通整理をしたいと思います。

この記事でわかること

・スクエアのオンラインビジネスの概要がわかります
・多くのオンライン決済のなかで、スクエアを選ぶべき理由がわかります
・スクエアのオンラインビジネスのはじめかたがわかります

スポンサーリンク

Squareオンラインビジネスとは

スクエアは、提供しているオンライン決済のサービス総称を「Squareオンラインビジネス」と読んでいます。オンラインビジネスという言葉が少し堅めですが、要はオンラインで商品を販売したり支払いをしたりすることです。

Squareオンラインビジネスには以下の3つのサービスシーンがあります。

オンラインストア

オンラインストアを既に持っている人の利用はもちろん、持っていない人でも簡単な設定ですぐに独自のオンラインストアを無料で簡単に開設できます。
このネットショップの機能が、先行のBASEやSTORESよりも、すぐれているところが多いのです。その中でも最も優れているのが、入金の早さです。

個人事業主や中小の会社など、資金繰りに苦労しやすい業種にとって、何よりも助かるのは入金の早さではないでしょうか。
スクエアではみずほ銀行、三井住友銀行の場合、決済日翌日の入金が可能です。これは実は他のどのサービスでも実現できていないところなのです。その他の金融機関は毎週水曜日締めで同じ週の金曜日に合算して入金されます。

オンラインストアの具体的なつくりかたはこちらにまとめていますので参照ください。

最安手数料のSquare(スクエア)で実際にオンラインストアをつくってみよう

suesi
suesi

いまからオンラインストアやるのなら絶対スクエアが推しです

Squareオンラインチェックアウト

これは、ネットショップのような場所を特別に作らなくても、単独で購入できるリンクボタンを発行して販売できるものです。
使い方としては、主にSNSやメールやメッセージ、ブログなど、コミュニケーションを伴ったやり取りの中で商品を販売できるものです。

例えば以下のような使い方が相性が良いと思います。

使い方の例

・Instagramのプロフィールに商品購入ボタンをつける
・メッセンジャーでやりとりしながら、その中で商品購入ボタンをつける
・ホームページやブログに商品購入ボタンをつける

いずれも商品購入ボタンのリンクはスピーディに案内できるので、様々な場面で利用できるのがポイントです。そしてとても簡単で分かりやすい販売方法です。

うるふ
うるふ

メールやメッセージの中でも決済できるってことだね、なるほど。

Square請求書

支払内容を「請求書」としてメールで購入者に送付します。この請求書を使って事前に決済できます。
使い方としては以下のようなものがあると思います。

使い方の例

・宿泊サービスで予約完了とともに案内して、支払いをしてもらう
・塾や教室などの月謝を、自動で毎月請求書を送付して支払いをしてもらう

特に定期的に請求が発生するものを自動で請求できるのが便利です。また事前に承諾を得たあとでは、請求の自動引落にも対応できます。これはBASEもSTORESも対応していないので、請求の自動継続(自動継続課金)をしたい場合はスクエア一択になります。

suesi
suesi

かゆいところに手が届く感じですね!

Squareオンラインビジネスを選ぶべき理由

他サービスとの優位性が高いSquareオンラインビジネスですが、以下のような様々な特徴があります。


最短翌日入金
みずほ銀行、三井住友銀行の場合、決済日翌日の入金が可能。その他の金融機関は毎週水曜日締めで同じ週の金曜日に合算して入金されます。

決済手数料が3%台
オンラインストアでの決済:3.6%(Visa Mastercard、Amex)
オンラインチェックアウトの決済:3.6%(Visa Mastercard、Amex)
Square請求書での決済1:3.25%(Visa Mastercard、Amex、DinersClub,Discover)
Square請求書での決済2:3.95%(JCB)
Square請求書 継続課金の決済1:3.25%(Visa Mastercard、Amex、DinersClub,Discover)
Square請求書 継続課金の決済2:3.95%(JCB)

固定費、月額費、初期費用はすべて無料
さらに解約手数料もありません。いつでもはじめて、やめられるハードルの低さです。

Squareオンラインビジネスのはじめかた

これが説明するまでもなく、本当に簡単です。
こちらのボタンから、アクセスしてアカウントを作れば5分かからずにつくれますよ。

あとは画面の指示にしたがって入力すればOKです。

オンラインストアの具体的なつくりかたはこちらに書いています!ご参照ください。
最安手数料のSquare(スクエア)で実際にオンラインストアをつくってみよう

2020年11月現在、最も手数料が低く、最も入金が早いオンライン決済サービスがスクエアです。
オンラインストアはじめるのなら絶対におすすめです。

本日は以上になります。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました