デザイナーとして独立するときに考えたい、誰も教えてくれないスキルや資金以上に大切なこと

デザイン

デザイナーとして独立したい
僕はデザイナーとして独立して12年、それなりに長くやっています。デザイナーで独立したいっていう人のために、お役立ち記事はたくさんあると思いますが、ここでは、そこによくあるような一般論ではなく、なるだけ自分の経験に基づくお話ができればと思います。なにかの参考になれば嬉しいです。

suesi
suesi

ちょっとはずかしいけど、自分の経験を共有します

スポンサーリンク

いきなりフリーランスはおすすめできない

まずはここからだと思います。自分で勉強したり、スクールに通ったりしてスキルをマスターしたらデザイナーになれると思ったら、もちろんそんなに簡単なわけではありません。それは仕事道具を揃えたに過ぎないくらいのことです。
かといって今はいろんなところで自分のスキルを自由に売り込める時代なので、まったく案件がとれないかというと、それもまた違うと思います。センスやアピール次第で案外指名がとれることもあります。


でも、ここで大事なのは、「案件がとれる」のと「デザイナーとして自立」するのとではかなり違うということを理解するということです。

人と人との関係こそが大切

デザインの仕事は色や形やレイアウトやなにやらビジュアル的なものをコントロールする仕事というだけではなく、人と人との関係なくしては前に進むことはできません。
そしてこれはデザイナーに限らず、多くの仕事でもおそらくそうだと思います。ここをショートカットして仕事を続けていくと器用なテクニックはついていくかもしれませんが、デザイナーとしての成長はなかなか難しいかもしれません。人と人との関係こそが仕事の規模や幅を広げてくれるからです。


ですので、スキルを磨く、案件をとる、の前にやるべきことは、まずは人との関係をつくっていくということかもしれません。知らない人とSNSでたくさんつながるということではなく、まずは就職して社会での人間関係をつくるというようなことです。

ここまで書くと多くの人はこう思うでしょう。
「ちょっと待って、そういうのが嫌だから自由にフリーランスでやりたいんだよ」と。そういう人が多いのはもちろん承知の上です。

でもそこをなんとか、初期投資と思って、つらいこと面倒なこといろいろあると思いますが、まずはデザイン会社にアシスタントなどではいってデザインの現場や人間関係を考えるのが近道だと思います。まず圧倒的に経験値が上がりますし、その上でお給料ももらえるのです!簡単に言うと急がば回れみたいなことですね。

僕の場合はそういう計画のもとにデザイン会社にはいったら、面白くて勉強になって知人や友人が増えて、結局10年以上在籍することになりました。それでも今となっては間違いなく有益だったです。僕の基礎をつくってもらったと感謝しかありません。

suesi
suesi

あくまで僕の場合ですが会社が僕をつくってくれました。これはいい会社であることが条件になりますけどね。。

ポートフォリオを積み重ねても委託されない

さて、晴れて独立したあとには、仕事を受託するために自分をPRしなくてはいけません。でもまだ人に見せられる仕事というものがない場合がほとんどだと思います。
となるとポートフォリオ作成のための案件をとるということになります。これはよくよく考えると少しおかしい気がします。順序が逆なのです。
そうしてかき集めて作ったものはポートフォリオにするには少し物足りない案件が多くなっていきます。そうなるとまた案件が受託できないというマイナスループにはいってしまい、ゆっくりと積んでしまいます。

ネット上にポートフォリオサイトを作るのはハードルは低いですが、実施にそこから受託することはなかなか困難でしょう。
ポートフォリオは自分の前にではなく後ろにつくものだと思います。

うるふ
うるふ

ちょっと厳しいね。

suesi
suesi

でも、事実なんだよね。。。



むしろ自分の前につくるものは、自分がどういうことをしたかというビジョンです。自分自身のブランディングが必要です。

ポートフォリオをブランディングと勘違いしてる人がいるかもしれませんが、どのようなデザインを自分ができるのかやりたいのかを明確に伝えなければ誰とも接点はできません。このあたりが勘違いしやすいところです。いろんな仕事やってます、あれこれできますよ、では残念ながら指名される動機になりづらいのです。

例えば以下のような特徴を打ち出せると指名動機が生まれやすいと思います。

  • 地域活性化や地域ブランディングをやっている
  • お菓子や贈答品のパッケージをやっている
  • 女性やママ向け子供向けをやっている
  • アナログ感のある素朴なデザインをやっている
  • 飲食や美容院など接客向け案件をやっている
  • クラシックで繊細なディティールのデザインをやっている

専門的であればあるほどそれはそれで高いスキルが求められますが、以上のような特徴がポートフォリオの中に感じられることができれば指名動機が生まれやすいので受託されやすくなると思います。
クライアントは安心して依頼したい保証のようなものがほしいのが人情です。そのための業務ドメインのようなものをつくることができると、ただ無造作に並べられたポートフォリオにはない説得力が持たせられると思います。

逆にイラストレーターやカメラマンなどは、作品自体が自分自身の作風としてそのままダイレクトにPRできるので、ポートフォリオサイトがそのままブランディングになり得ます。
何かを語らなくても作品が雄弁に語ってくれます。デザイナーでもそのように見える場合もたまにはありますが、少ないです。そこが同じクリエイターでも明確に違うところなので注意が必要です。

SNSでバズるような営業活動はうまくいかない

ここまで書くと伝わるかと思いますが、SNSでバズるようなPR方法はあまりおすすめできません。
それでもそういうことができた場合には仕事が発生するのも事実ですが、そうするのであればYouTube活動のようにノウハウ系の投稿をしていくほうがよりわかりやすいかもしれません。
でもそうなったらそれはもうデザイナーではなくYouTuberということになっちゃいますね。。。

デザイナーを生業として末永く仕事をしていきたいのであれば、このあたりに力を入れすぎると迷走してしまう要因をつくりかねないので、やるにしても程々が良いと思います。

ポートフォリオの考え方と同じで順番が逆にならないように注意したいところです。

営業は人脈がすべてといっても過言じゃない

では、どういうところで人脈づくり&仕事の幅を広げていけるのかという話ですが、あくまで参考程度ですがいくつか考えられると思います。

コワーキングスペースを活用する
そもそもそういう仕事の幅を広げる人脈づくりがひとつの機能として生まれたのがコワーキングスペースだと思います。
僕自身も独立したてのころはいくつかのシェアオフィスやコワーキングスペースを利用したことでリアルな人脈が増え、仕事の幅もぐっと広がりました。その時の知人とはずっと長く仕事やプライベートでもお付き合いが続いています。
2021年現在ではコロナの影響で多くのスペースがかつての活況をキープできていなくなってるかもしれません。でもテレワーク需要は引き続き伸びていますので、少し郊外や住宅に近い場所にある部分は賑わっているようです。公衆衛生に注意しつつチェックしておきたいところです。

フリーランスコミュニティを利用する
リアルが難しいとするならばオンラインですが、求めるべくはやはり人と人との繋がりです。フリーランスコミュニティは内容や目的で様々違いますが、おすすめをいくつか紹介したいと思います。

STUDIO

ノーコードツールのSTUDIOがやっているSlackのコミュニティです。デザインツールであるSTUDIOの内容に限られますが、さまざまなリアルなやりとりが活発です。仕事スレッドもあり受託することも可能です。すべてのスレッド利用に料金は一切かかりませんのでSTUDIOを利用するすべてのデザイナーにおすすめできます。

新しい働き方LAB

新しい働き方LABは、ランサーズが運営する日本最大級フリーランスコミュニティ。全国のコワーキングスペースを拠点として、「つながり」「気づき」「学び」の場を提供しています。
不定期ですが、各拠点のコミュニティマネージャーやランサーズ主催のイベント・セミナーが開催されており、ランサーズ会員には利用特典があります。
フリーランスになったらなんだかんだ利用する価値は大いにあるので、まずはランサーズの会員登録をすませてから、コミュニティを大いに活用してみましょう。フリーランス同士のオフラインの繋がりを作りたい方におすすめです。

フリーランスナウ

5,000名以上が所属する日本最大級の実名制フリーランスコミュニティ。仕事の発注も受託もすべて手数料なく完全無料で利用できます。
主催の黒田さんは「フリーランスにとっての新たな依存先に、 企業にとっては事業を加速する人的リソースへのアクセス先になることを目指しています。両者のマッチングによって新しい働き方を実践できる人を増やす社会実験です。」と語っています。主催者のビジョンが明確な場合はそこに集まる人材との有益な関係がつくりやすいです。

他にもいくつかありますが、コミュニティ活動が厚すぎるとまたそれは本末転倒になりがちですので、常にバランスを取りながら人脈と関係づくりに活用してみましょう。

まとめると…
デザイナーとして自立する条件のひとつとして、

・人脈づくりは最重要
・経験値の向上は圧倒的にリアル>オンライン
・オンラインコミュニティは広げすぎずに厳選しよう

といったことになります。
これらはあくまで条件のひとつでしかありませんが、独立したてのデザイナーが意識できるときっとどこかで役に立つものと思っています。

このあたりのリアリティのある情報を今後も発信していきたいと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました