杉工場の学習机「スティックデスクD53」買いました。子供にも大人にもおすすめできる高品質。[レビュー]

暮らし

杉工場の学習机を購入してから約半年がたちました。購入したのはスティックデスクD53というもの。こちらを実際に購入して使ってみてわかったいいところ、いまいちなところをレビューします!

杉工場は福岡にある明治19年創業の国産の老舗家具メーカーです。学習机をはじめ、ひとつひとつ丁寧に、様々な高品質の木工家具を作り続けています。詳しくはこちらにまとめた記事がありますのでぜひご参照くださいね。

杉工場 – sugikoujou




スティックデスクD53とはこんな机です。

機をてらわず、小さいながらも質実剛健という言葉がぴったり。学校の机のあの懐かしい感じ
  • アルダーの無垢材を使用
  • 引出し内部には国産ヒノキを使用
  • 底板には両面化粧した4mm(通常よりも厚目)シナ合板を使用
  • 自然オイル塗装&低ホルムアルデヒドF☆☆☆☆
  • サイズはW100 × D60 × H74cm

結論を先にいいますと、とても品質がよくて使い心地がいいです!

suesi
suesi

端的に言って買って大正解でした!


順に説明していきますね!

スポンサーリンク

自然素材のやさしさがいい

やはり国産材の自然素材、天板のアルダー材はラッカー塗装など厚ぼったい仕上がりではなく、肌触りがなめらかで気持ち良いですね。天然木のよさを最大限活かしたオイル仕上げは毎日使うのにとても優しい感じがして愛着感がましていく感じです。

F☆☆☆☆(フォースター)仕様

杉工場のすべての部材(接着剤・塗料・バーティクルボード他)は、F☆☆☆☆(フォースター)仕様となっています。室内の建材や家具などから揮発して飛散するホルムアルデヒトなどの有害物質がシックハウス症候群を引き起こす原因として有力視されています。そのホルムアルデヒトの基準値が最も率いと認められた表示で、建築基準法の規制を受けずに仕様することができます

自然系オイル仕上げ

植物から抽出される乾性油(空気中で酸化して固まる油)がベース。代表的なものはアマニ油やエゴマ油など。木の呼吸を妨げず、木が本来持っている質感を最大限活かすことができます。仕上がりはテカテカ光るようなこともなく、自然素材そのものの良さが感じられる仕上がりです。
デメリットとしては水シミに弱いところ。こぼした時にさっとふけば特に問題ありませんが、そのまま放置してしまうとシミになることもあるので注意が必要です。

suesi
suesi

デメとして他にはやや傷つきやすいというところもあるけどね

スベスベ感と木の温もりが最高です

コンパクトで場所をとらない

もとは子供用の学習机として購入しましたが、子供用にだけ使うのはもったいないくらい品質感があるので、息子が学校にいっている間に、妻は広いダイニングテーブルなどを使わずに、この机を時々ちゃっかり借りているようです。
ちょうど2階の日当たりの良い南向きの場所においてあるので、ぽかぽか暖かい部屋で編み物や本読んだりするのにぴったりのようです。

大きな書類をいくつも広げて使うのは少し無理だけど必要最低限の大きさ

奥行きがかなりコンパクトなので、リビングの隅などにも置きやすいサイズ感です。ですからもちろんテレワークなども快適に行なえます。

仕上がりがよく、しっかりとした構造

合板の天板に脚をつけただけのような安価な商品にありがちな仕様と違い、家具としてしっかりとした構造をもって安定感があるので、使っていて安心感があり、末永く愛用することができそうです。国内生産&公共の学習机を長らく支えてきた老舗企業のなせるわざですね。

コンパクトながらもがっしりとした構造でとても安心感があります
suesi
suesi

「しっかりしてる」という一言ですんじゃうけど、これがまじでいい!

引きだしのヒノキの香りが爽やか

天板と脚はアルダー材ですが、引き出しの部分のみヒノキで作られています。引き出しをあけるたびに、ほのかに心地よい香りを感じることができるので、使うたびにまるで新築の家にいるようなフレッシュな気分にひたれます。

内側の白い木材がヒノキ。とてもいい香りが永く続きます

合わせて購入したスピカ

机に合わせてペアの椅子スピカも購入しました。息子のリクエストは「学校の椅子みたいに固くてしっかりした椅子がいい」ということで、同じ杉工場ブランドで合わせて購入しました。オフィスチェアのようなクッション性や座面の高さなど機能性がいろいろあるよりも、息子としてはこのほうがしっくりくるようです。集中して勉強しやすいということなので、こういう実際に使う人の細かい部分のこだわりは意外と大事だと思います。もちろん机とのマッチングは最高。
この椅子は成長に合わせて高さが変えられるので、机と椅子を小学校入学時などに購入する場合でも、子どもの小さい体に合わせて調整することができます。高校卒業、またはそれ以上長く使える品質だと思いますね。

座面のカラーも豊富な6色の中から選べます。購入したのはレモンイエロー


デメリットも紹介しておきます!

納品までに時間がかかる

これはけっこう大きい部分です。ひとつひとつ手作り品ということはないはずなのですが、常に人気のため、生産ラインが需要に間に合っていないような気がします。つまり納品までに時間がかかってしまうということです。購入するタイミングにもよると思いますが、即納できるお店はあまりないかと思われますで、急がれてる方にはややおすすめできません。
楽天をはじめ、多くのECでの取り扱いがありますが、どの店も注文取り寄せが多いので、納期についてはそのあたりはよく確認してみてください。
ちなみに僕も3ヶ月ほど待たされました。
でもまあちゃんとした家具ってそもそもそういうものですよね。過去にも経験あります。
ですので注文するときは余裕を持っての購入をおすすめします。

天板が少し狭い

これはコンパクトさともいえるので必ずしもデメリットではないかもしれません。子供の学習机としては十分かと思いますが、大人が何かの作業をしようと思ったら少し狭く感じるかも知れません。我が家ではそもそも設置する部屋が狭かったので、最初からコンパクトさを求めて探しましたが、余裕のある部屋で使う場合は、なおさら小さく感じてしまうことかもしれないですね。

サイド(両側)にはものを引っ掛けられるような構造になっていて、金属フックが2つ付属

収納がない

これも必ずしもデメリットではありませんが、デスク単体では引き出しが二個だけなので、本や資料、文房具など入れたい場合は別途用意する必要があります。杉工場にはマッチングできるいくつかのシェルフがあるので、デスクに合わせて別途購入することも可能です。

suesi
suesi

人によってはかなりネックになるかもですが、そもそもうちはスペース余裕がなかったす。。

杉工場は明治から続く老舗メーカー。YouTubeに自社の歴史やものづくりについて、現在の社長さんが語ってる動画があったので貼っておきます。杉工場の「杉」は素材名ではなくて、社長さんの名字だったんですね!アルダー材やヒノキ材など多く使ってるのに杉を社名に使ってるので、何か違和感がありましたが勘違いでしたw

杉工場の歴史編

まとめ

といったところで、マイナスポイントもいくつかありますが、個人的にはとても満足度が高い買い物でした。実際に毎日使う息子にも大変好評で、長く使うものだからやはりしっかりとした机を購入するというチョイスは◎でした。
まとめとしてはこの杉工場のスティックデスクの購入は大正解でした。おすすめします。

子供さんのデスクとして、親の作業デスクとして検討してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました