Adobe CCは動画教材とセットがオススメ。Adobe CCの賢い格安導入法

デザイン

デザインやクリエイティブ始めてみたいんだけど、何からどうやってはじめたらいいのかわかりません。フォトショップやイラストレーターを使ってみたいんですが、まずはどうすればいいんでしょうか?

この記事は、これからクリエイティブをはじめたい初心者向けの記事になります。

あなたはデザインやクリエイティブを始めてみたいと思っていますか?

デザインやクリエイティブを始める時に必ず必要なアプリケーションがあります。やりたいクリエイティブの内容によって使うアプリケーションは違いますが、Adobeの場合が大半です。WEBだろうが、写真だろうが、グラフィックだろうが、アプリだろうが、そのほとんどがAdobeのアプリなしでつくることはできないでしょう。

デザインやクリエイティブやるにはAdobe CCが必要です

そんなクリエイティブ業界の巨人、Adobeのアプリを使うにはCC(Creative Cloud)を使います。これはAdobeのアプリのすべてが使えるサブスクリプション型のサービスです。現在は単体でパッケージを購入するという方法はない(単独のアプリのサブスクはあります)ので、すべてこのCCによってアプリを導入することになります。

スポンサーリンク

Adobe CC とは?

Adobe Creative Cloudは、写真、デザイン、ビデオ、web、UXなどのための20以上のデスクトップアプリやモバイルアプリ、サービスを提供します。最新リリースではPhotoshopがiPadに対応し、スケッチ・ペイントアプリのFrescoや、ARオーサリングツールも新たに加わり、誰でも、どこにいても、想像のおもむくままに創作することが可能です。

主なアプリケーション

Photoshop
デスクトップおよびiPadで、美しい画像、グラフィックス、アートを編集、合成、作成します。写真や画像に関するすべてのクリエイティブ作業ができます。

InDesign
高品質なレイアウトとページデザインのためのツール。ページ数のあるエディトリアルデザイン向けのツールです。

Premiere Pro
あらゆるデバイス向けの映像・動画を自在に編集します。You Tube動画作成するのにぴったりです。

Illustrator
美しいベクターアートやイラストの作成に。グラフィックデザインには必須。ロゴ、ポスター、フライヤー、その他グラフィックデザインの全ての作業に使えます。

XD
WebサイトやモバイルアプリのUIデザインからプロトタイプの作成、共有まで。使いやすくわかりやすい軽快な動きも特徴。

Acrobat Pro DC
PDFの作成、編集、注釈、署名をどのデバイスからでも使えるPDFソリューション。
Creative Cloudのプランでご利用いただけるのはAcrobat Pro DCです。

主なものはだいたいこのあたりですが、CCではクリエイティブ用途に合わせた専用のアプリが20以上用意されています。

高額なAdobe CCを格安で導入できる方法

クリエイティブ作業に必須で、様々なアプリを好きなだけ使えるAdobe CCですが、それだけに導入コストは決して安くありません。

2020年7月現在、個人向けで月額5,680円となっていて、年間で68,160円にもなります。クリエイティブに必須の道具とはいえ、なかなかお高い。
ましてクリエイターとしてはまだまだこれからなのに、何もできない状態から月々5680円を払いながら使い始めるのは、かなり心配や不安があると思います。

しかし、そんな高額なAdobe CCを格安で導入して、同時に使い方をマスターできる方法があります。

それがデジハリが提供するAdobeマスター講座です。

デジハリが提供するAdobeマスター講座はこちらから申し込めます

使い方がマスターできて、なおかつAdobe CCのライセンスもセットになっている講座

デジハリが提供するAdobeマスター講座は、デジタルハリウッド約20年の教育ノウハウに基づいて制作された基礎動画教材≪63時間≫と、12ヶ月版のAdobe Creative Cloudがセットになったオンライン学習講座です。動画教材は3ヶ月間の学習内容になっていて、講座終了後も引き続きAdobeCCを利用することができます(1年分)

このAdobeマスター講座は36,340円(税抜き)で受けることができます。

個人向けで月額5,680円(68,160円/年)で誰にも教えてもらえずに独学ではじめるのに比べて、コスト的にもスキルアップ的にもかなりのメリットがある方法だと思います。

講座に含まれるものはこちらです。

  • AdobeCC 学生・教職員版ライセンス1年分
  • 基礎が学べるオンライン動画教材約63時間
  • 1ヶ月の動画視聴時間
  • 2ヶ月の課題削除期間
デジハリが提供するAdobeマスター講座はこちらから申し込めます

Adobeマスター講座のメリット

Adobe Creative Cloudの通常版とまったく同じ内容で利用可能。

最新の Photoshop(フォトショップ)や Illustrator(イラストレーター)を含む、すべてのアプリケーションが使えます。また、通常版のCreative Cloudで提供されるAdobe FontsをはじめとするWebサービスについても、同じように利用が可能です。使用制限なくすべて通常版と同じく使える、これはなかなかすごいと思います。

信用と実績のあるデジハリの教育メソッドによる教材。

デジタルハリウッドは、1994年の創立以来 デジタルクリエイティブ教育に貢献してきた実績が評価され、アドビ システムズ 株式会社より日本でも数少ない「プラチナスクールパートナー」に認定されています。そんなノウハウを活かした教材なので初めての人でもしっかりとした習得が可能です。

Adobeアプリの習得について

僕はデザイナー歴20年以上ありますが、デザイン会社の中で実践と独学で使い方をマスターしましたが、思い起こすと覚えるのは決して楽ではありませんでした。

suesi
suesi

最初は本当になにもかもわからなくて、投げ出したくなったよ。。


今、日常で一番多く使ってるイラストレーターですら、いまだにすべてをマスターしているわけではありません。それくらい高機能で多機能なツールなので、初めての人が個人で独学で学ぶのは、かなり苦労することが想像できます。

オンライン動画教材約63時間もあって、しかも講座内容は基礎を覚えることが中心なので、かなり取り組みやすいものだといえます。

Adobeマスター講座は講座といっても、課題や、学習ノルマはありません。グラフィックデザイン、WEBデザイン、映像編集好きなことを学んで、お得にAdobe Creative Cloudを使い倒すことができます。

suesi
suesi

安く手に入れて使い方もマスターできるなんてベスト!

まとめ

デジハリが提供するAdobeマスター講座は、動画教材とAdobe CCライセンスがセットなので、学べて安くなるということです。デザイナーの僕としてもオススメします。


↓こちらから申し込めます↓

タイトルとURLをコピーしました