そろそろコールドブリューの季節。「アスベル ドリンク・ビオ」が他とは違うおすすめの理由

コーヒー

だんだんと暑くなってきました。毎年のことですが、数年前から夏に飲むアイスコーヒーはコールドブリュー(水出し)がポピュラーになりましたね。

専用のポッドに入れて冷蔵庫にいれておくだけなので、細かいテクニックなどはあまりありませんが、ちょっとしたことで、さらに美味しく快適に作れるのでそんなポイントをご紹介します。

ボディ全体にテーパーがかあっていて、収まりがいい形

水出し用のポッドはあれこれコーヒーショップからも発売されていて、おしゃれなものから限定品までいろいろありますが、僕がおすすめするのはこちらのアスベルさんのもの。いくつかちょっとしたおすすめポイントがあります。

created by Rinker
アスベル
¥1,044(2021/07/31 14:08:28時点 Amazon調べ-詳細)

サイズが大きい

麦茶用などでは割合あるのですが、コールドブリュー用だと以外と1リットル以上のものは少ないんですよね。コールドブリューはホットと違って、割合とごくごく多めに飲む系だと思うので、600〜700mlくらいだと3杯飲んだらもうなくなっちゃうんですよね。
多くの場合、夏の冷蔵庫はお茶やらビールやら冷たくしておきたい、かさが張るもので、陣取り合戦になってるはずなので、コールドブリューのために2瓶などの余地は厳しい事が多いです。700mlだと、午前中に飲んだら午後にはもうあと約2杯しか飲めないし、ひとりだとまだいいんですが、家族やパートナーいたら、さらにすぐになくなっちゃうんですよね。だから一度にたっぷりつくれるのは結構大事かなと思ってます。アスベルはたっぷり1.1L。余裕です。

ハンドルなどの出っ張りがなく収まりがいい

同じ話ですが、冷蔵庫性能とでも言いますか、これ大事です。そして、蓋もしっかりしまるので横置きにも対応できます。冷蔵庫が大きいから自分は関係ないという人には、すみません、、、w

注ぎ口もコンパクトで使いやすい

巷でよく紹介されていて、おしゃれで人気のあるコールドブリューボトルはだいたいこのあたりですが、、

  • HARIO(ハリオ)フィルターインコーヒーボトル
  • DEAN&DELUCAやブルーボトルコーヒーの上記OEM商品
  • KINTO(キントー) PLUG アイスコーヒージャグ
  • Budum BEAN SET(ボダム) アイスコーヒーメーカー
  • RIVERS STRAINER POT HERON(リバーズ ストレーナーポット ヘロン)
  • iwaki(イワキ)ウォータードリップコーヒーサーバー
  • HARIO(ハリオ)スロードリップブリューワーハリオ雫
  • iwaki SNOWTOP(イワキ スノートップ)ウォータードリップコーヒーサーバー

あくまで僕の基準ですが、述べた2点の理由のいずれかで、以上の人気商品はすべてNGです。
その他で僕的に合格したのはこちらのsarasa designのb2c water-jugくらいしかないです。こちらはアスベルのものよりもさらにいい感じです。オシャレです。でもお値段はアスベルの2倍以上します。うーーん。。

created by Rinker
sarasa design
¥3,085(2021/07/31 14:08:29時点 Amazon調べ-詳細)

アマゾンで1000円前後と超お安い

そうなんですよね。ドリップ用の製品と違って、ここはさほどお金かけなくてもいいんじゃないでしょうかね。まあ、好みの問題ですけど。
さて、そんなコスパというよりもバリュパ(コストも性能もいい、総合的にバリューパフォーマンスがいい商品を僕が今勝手に命名しましたw)がよいアスベル使って、美味しいコールドブリューの作り方をご紹介します。

コーヒーと水のバランスは1:10

ということです。例えば1L作りたい場合は100gのコーヒー豆が必要です。多くても少なくてもあんまよくないです。これは覚えやすいのでせっかくならきっちりと測って用意しましょう。

今回は、今年初なのと、今回の豆が少し高めなのでw、少し控えめに700ml作ります。豆は70gです。写真は小数点が少しみえずらいですね。

ドリップコーヒーのようにドリップする

意見分かれるところかもしれませんが、ボトルにただ漬け込んでもいいんですが、挽きたての豆をなじませるために、優しくドリップして水をいれてもいいかなと僕は思っています。ここは正直気持ちの問題かもしれませんが。。。

西山珈琲さんは良質な珈琲豆がとにかくお安いのでおすすめです。レターパックなので送料も安い

今回は偶然にも手に入れたエチオピアのゲシャビレッジの豆なのです!普段はこんな高級な豆、高くて買えないのですが、びっくりするくらい安い値段だったので思わず購入しました。メールマガジンて殆どは捨ててしまいますが、このときだけはなぜか開いて読んでいました。ラッキーとしかいいようがありません!

冷蔵庫に寝かす時間は8〜10時間

夜寝る前に作って夜中に抽出するのが一番楽ですというか、それ以外だとできたもの飲む時間が真夜中になります。23:00頃にセットしておけば、翌朝ちょうど飲み頃に出来上がります。8時間くらいでうまく抽出すればその後はもう抽出できないので多少長くなっても大丈夫ですが、朝出来上がったらストレーナーはすぐに外しておきましょう。逆に8時間より短いと抽出できていない場合が多いので、コールドブリューは飲む時間を考えれば、夜23:00頃か、早朝に作るしかないですね。

アイスコーヒーは深煎りが美味しい?

よくアイスコーヒーは深煎りがいいといいますが、そんなことはありません。ホットと同じく深煎りでも浅煎りでも、どちらでも豆さえ良ければ美味しくつくれますので、好みでよいと思います。
アイスが深煎りがいいと言われる要因は、実は少しネガティブなもので、あまり良くない豆を深煎りにしてブレンドして「アイス専用」などと称して販売したいがためだと思います。安い豆をごまかすためには深く焙煎することで苦味を強調したほうがごまかしやすいのです。アイスの場合は氷やミルクなどを加えることも多いので、安い豆でも案外美味しく飲みやすくなるのです。結果美味しいんだったらいいじゃないか、とも思えますが、だとしたら「アイスは深煎りが美味しい」という言い方は少し不誠実に聞こえます。
正しく焙煎された美味しい深煎り豆と、安い豆を深煎りにしてブレンドしたアイス専用豆で作りくらべると分かりますが、美味しいものは香りも甘みもしっかり感じられますが、安いものは苦味ばかり強調されてしまい、ミルクを多くいれたくなるようなものになることが経験上多いと感じます。だからミルクによく合うという強調された宣伝文句にはやや注意が必要です。
そしてコールドブリューは急冷式に比べて、角がとれたまろやかなマイルドな味わいで珈琲が少し苦手な人にも飲みやすいと思います。

ということで、今年もお世話になると思われるアスベルのコールドブリューボトルのご紹介でした。

created by Rinker
アスベル
¥1,044(2021/07/31 14:08:28時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました