マスク不足をおしゃれに解決?!ストールやバンダナをマスク代わりに使う方法

暮らし

マスク不足が続いています。というか世界中が未曾有の状況すぎますよね。早く収束してほしいですけど、僕らはそれでも毎日生きていかなきゃけないので、マスクとともに生きるのがしばらくの間のリアルであります。

マスクを買わずにどう確保する?

今になっても、どこにいっても買えないので、ほぼあきらめました。
でも手作りのマスクだったり、既製品でも繰り返し使用可能なものは品切れもなく、たくさん売っています。もちろん自作してもいい。今、買えないのはいわゆる使い捨ての不織布マスクですが、そもそもマスクってトイレットペーパーや洗剤と同じく「買う日用品・衛生用品」だったから、そういう発想になってしまいます。

だから、デニムの素材でつくろうと、オーガニックコットンだろうと、韓国ファッションのようなシリコン製のダークなものであろうと、どれも同じで、機能性はさておき、あのなんともいけてないような微妙な見た目がどうしてもどこか抵抗が少しありました。単純にいうと、どうやってもオシャレではないのではないか。これからしばらくウイズコロナのような時代にどうなのかと。「買う日用品・衛生用品」の延長ではないアイデアがほしいです。

そもそもマスクの「意味」とは?

そもそも、マスクとは何のために着けるのか。ここでその目的を少し整理してみたい。永井医師によると、一般的にマスクの効用は次の4つがあるという。

①感染(する)リスクを下げる

②無意識に手で鼻や口を触るのを防ぐことで、接触感染を防ぐ

③気道の乾燥を防いで粘膜を守る

④感染していた場合、飛沫によって人に感染させるのを防ぐ

https://toyokeizai.net/articles/-/342376

マスク習慣の違いが招いたのか?

欧米では日本と違って、マスクをつけるのは医療看護職か重症患者だけで、アジアの多くの国が着用するような感覚はあまりなく、一般の人が日常につけることがとても抵抗があったそうです。いまや、命にかかわることなのに、この場に及んでもまだつけようとしないのは、いくらなんでも危険だし無責任すぎるよね!

本日4月4日ですが、今現在世界で一番シリアスな状況になっているNYでも、マスクをつけたほうがいいと言いはじめたのはここ1週間くらいで、それ以前はマスクは不要とずっとテレビで言われ続けたそうです。そしてマスクが必要といわれた今ですら、トランプさんは自ら「俺はつけないけどね」といっているそうで、マスクだけが原因でないとしても、こんなことではこのNYの状況悪くなっても仕方ないなと思いました。

「マスク」習慣ない欧米で相次ぎ方針転換 各国メディアがマスク文化を分析(産経新聞4.4)

という時に、タイムラインに流れてきた一つのトピックがこちら!

マスク不足をおしゃれに解決! マーゴット・ロビーのバンダナ使いに「真似したい!」の声が続出

「女優のマーゴット・ロビー(29)がロサンゼルスで目撃されると、この時期ならではの意外な私服コーディネートが注目の的に!」ということですが、同じくマスク不足なLAで、彼女がとったマスク代わりのアイテムがバンダナです。上記のリンクの記事に掲載していますがなかなかいけています!

ストールやバンダナをマスク代わりに使う方法

そうか!どうせ手作りマスクしか選択肢の少ない状況が続く中で、マスクに機能性をさほど担保できないのなら、このような方法でストールやバンダナを使うてはあるなと思いました!でもそのまま真似てしまうと、どうしてもギャングやテロリスト風になりやすいかもしれない。。。だったら日本ならではのソフトな手ぬぐいや北欧のテキスタイル使えばけっこういける気がする!てひらめきました。

ということで、楽天からいくつかアイテム探してみたのですがこういうのはいかがでしょうか!

※以下、アイテム画像にリンク貼っておきました

1. スウェーデンの陶芸家マリアンヌ・ハルバーグの手ぬぐい
マリアンヌ・ハルバーグの代表的な絵柄、コバルトブルーのチェック模様の手ぬぐいです。 京都の工房で手捺染で仕上げられた手ぬぐいです。シンプルな手書きの格子柄にとても味があります。

2. アルメダールス ティータオル 
アルメダールスは、スウェーデンで最も伝統あるテキスタイル・メーカーのひとつです。今ではテキスタイル以外にもキッチン用品や食器なども製造しています。スウェーデンでも人気のメーカーで、多くの家庭で愛されています。

3. 浜松注染 手ぬぐい 七宝 総理生地 綿100% 
日本の伝統柄「七宝」。輪が四方八方に広がっていくことから「しっぽう」となり、人と人のご縁(輪)は、七つの宝と同等の価値があるとされました。 そこから七宝の名がつき、吉祥柄となりました。

4. 北欧・カントリー・幾何柄 バンダナ スラントボーダー
手作業で木彫りのハンコで模様を一つ一つ順番に重ねる、本当に手の込んだプリントです。色や形ごとに版が違うので、ところどころ版のずれや色の飛びがありますが、機械では決してない、手作業の温かな風合いになっています。

5. Finlayson(フィンレイソン) 手ぬぐい 日本製 北欧デザイン
「FINLAYSON」は、1820年に創業された、北欧フィンランド最古のテキスタイルメーカー。こちらのアイテムはラインの組み合わせで表現されたヴィヴィッドなパターン。ミニマムなグラフィックが美しいです。

5. CONDOR アフガンストール 201 シュマグ [ レッド&ホワイト ]
様々な使い方ができるアフガンストール、シュマグ。大きめの正方形になっており、ターバンやバンダナ、マフラーといったファッションアクセサリーとして使用できます。

いかがでしたでしょうか?
本来のマスクの機能と目的を踏まえて、ストールの内側に不織布のフィルターをつければ(これは売り切れも多いですが、まだまだ手に入ります)より安全だと思いますし、他にも何かアイデアがあるかもしれません。他にも耳にひっかけないので、ずりおちないようになんらかの工夫がいるかと思います。頭にひっかけるゴムをつけたり、その他なにかいいアイデアはないかな。。。

持っていたアフガンストールを使ってマスク代わりに口に巻いてみました。
こんな感じだとファッションアイテム的にとりいれられるかな。。。
みなさんもトライ&エラー&チャレンジをしてみてはいかがでしょうか。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました